パワースポット!玄武洞公園探訪記⑥

玄武洞公園探訪記もいよいよクライマックスを迎え

いよいよ最後は朱雀洞である。





朱雀洞は南北に分かれ、それぞれ<南朱雀洞><北朱雀洞>と
名づけられている。


まずは

南朱雀洞から

e0199344_2051764.jpg

全体をみるとちょうど朱雀の尾の部分が広がっているようにみえる。

右側の部分は球状になっておりそこから一番最後の熱が抜け出したと
考えられているようだ。


e0199344_2053541.jpg

これが天然のものだとは・・・。

すごいとしか言えない。





そして、これが北朱雀洞である。

e0199344_2061451.jpg

左中央あたりは朱雀が羽をひろげたようにみえる。

実際に見るほうがずっと迫力があることはいうまでもない。

e0199344_21152573.jpg



いずれも洞内に立ち入ることはできないが
どれも想像以上のものだった。





玄武洞は 世界で初めて地球の磁性が逆転したことが確認された場所でもあり

普通とは違う磁性が渦巻いている場所(ガイドのおばちゃまより)


そういったことからも<パワースポット>だといわれているようだ。







わずかな時間ではあったがとても神秘的なものを感じることができた。


私の中でまた訪れてみたい場所となった。











玄武洞公園

〒668-0801 兵庫県豊岡市赤石1339

余談・・・
[PR]

by humming-bds | 2012-11-22 01:05 | 旅行

パワースポット!玄武洞公園探訪記⑤

ゆるキャラ玄さんとの記念撮影を終え


次は白虎(びゃっこ)洞である。





再び石段を登り

e0199344_11464429.jpg





それは姿を現した。

e0199344_11403038.jpg

白虎洞は、柱状節理が横に並んでいる。

なぜ横になったのか。

傾斜した地形の上に流れて固まったとも地すべりか、地震によって移動したためだとも
いわれているようだ。



e0199344_1151026.jpg

洞の左右には柱状節理の6角形の断面をみることができる。


ここは他の洞に比べ小さいのでやや迫力には欠けるが

なにがどうしてなかなか見応えのあるものでもある。
[PR]

by humming-bds | 2012-11-21 02:14 | 旅行

パワースポット!玄武洞公園探訪記④

次に向かうは玄武洞。





e0199344_1105052.jpg

(全体写真がうまく撮れなかったので2枚を合成したものですが・・・)




1807年に儒学者柴野栗山が、玄武洞と名づけた。
玄武(げんぶ)とは、古代中国の四神(しじん)のひとつで北方を守る神です。
  *青龍(せいりゅう)・・・東方を守る神
    白虎(びゃっこ)・・・西方を守る神
    朱雀(すざく)・・・南方を守る神  

玄武洞の岩石は、節理の断面が六角形の亀の甲羅のようで
また横から見ると蛇の腹のように見えることから玄武と名付けられた。




驚くべき自然のなせるわざに圧倒されていたが・・・





このあと 白虎(びゃっこ)洞に向かおうとする道すがら


驚くべきものが立ちふさがり行く手を阻まれたのである。






それは



ナント!!!




いまや 全国各地に出没するゆるキャラ

まさかここで出会おうとは・・・






さあ皆さんに紹介しよう!!玄武岩の玄さんである。



e0199344_11204674.jpg




いやはや笑うしかなかった・・・。



戯れる幼子たちを遠巻きに見ていた私たちであったが


現地ガイドに促されるまま


玄さんと記念撮影してしまった012.gif
[PR]

by humming-bds | 2012-11-20 00:06 | 旅行

パワースポット!玄武洞公園探訪記③

ようやくたどり着いた玄武洞公園001.gif





順路に従い石段を登り、青龍洞へと向かっていった。

そこで目にしたのは


e0199344_9482990.jpg


上部もこのようになっている。なんとこの洞の高さは33mに及ぶという。

e0199344_9485211.jpg

ここは160万年前に起こった火山活動で流れ出した溶岩が冷え固まるときにできた
柱状節理(規則正しい割れ目)だそうだ。

青龍洞は、龍の昇る姿に似ていることから名づけられた。

e0199344_9491248.jpg

洞の下の池は、採石後のくぼんだ岩盤を利用してつくられたもの。

あたかも池から龍が昇っていく姿のように見える。



e0199344_1034914.jpg

人と比較すればこれがどれだけ壮大なものか容易に想像がつくだろうが

これを目の当たりにした私たちはしばらくなんの言葉も発することができなかった・・・。
[PR]

by humming-bds | 2012-11-19 10:36 | 旅行

パワースポット!玄武洞公園探訪記②

姪っ子の一言

「あそこはすごい!!」で始まった

玄武洞公園への旅。



ナビを頼りに車を走らせていたがやがて高速をおり、一般道へ・・・。

交通案内板には<鳥取>や<島根>の文字が。



それをも通り過ぎると

なんと<城崎温泉まで10㌔>の案内板が005.gif



<城崎温泉>といえば

私がまだ若かりし花の女子大生の頃
友人らと電車を乗り継ぎ、乗り継ぎ、乗り継ぎ
温泉は最高によかったが・・・めちゃめちゃ遠かった。

あの城崎温泉か。


もう一泊いるなあ~039.gifなんて思ってたら


ついに玄武洞公園にたどり着いた。





e0199344_1102333.jpg


<玄武洞公園>については こちらをクリック



車を隣接する<玄武洞ミュージアム>の無料駐車場に止め
早速公園の入り口へと向かう。








石段を上がり、まずは青龍(せいりゅう)洞へと向かうことに・・・。
[PR]

by humming-bds | 2012-11-18 09:00 | 旅行

パワースポット!玄武洞公園探訪記①

少し前の話になりますが・・・



11月初めの連休に家族で有馬温泉に行くことになり
一泊二日で兵庫県に行ってまいりました001.gif

何せ久しぶりの家族旅行。



名古屋から車で200㌔弱の道のりです。

古いナビに振り回されながらもなんとか温泉に到着。



その日はゆっくりと有馬の湯に癒されたのですが・・・

e0199344_2359413.jpg






お話したいのは有馬温泉の話ではなく

二日目の訪れた豊岡市にある玄武洞公園の話。





地元の方からすれば有馬へ行ってなんで豊岡?と思われる方も
多いであろう。




そもそもことの初めは、大阪に在住する姪っ子の一言から始まったのである。

「玄武洞って知ってる?この間友達と見に行ってきたけど
あそこはすごい!!」




この言葉が有馬の夜にふと浮かんでしまったのである。

なんの下調べもなく大まかに聞いただけだったので
同じ兵庫県内ならそれほど遠いこともなかろうと
愛知県民の私は安易に判断してしまったのである。




次の日、いざ車に乗り込みナビを設定すると


・・・130㌔ う~ん結構あるね。みんなどうする?

と急きょ家族会議に。



でも、久しぶりの旅行ということもあり

また姪っ子の言葉が頭をよぎり


家族で揃ってはなかなか来られないし
これを逃したら見られないんじゃないかと思い



え~い!行ってしまえ。帰りは意外に近くになってるかもよ。

などと勝手に決め付けて玄武洞に向かって車を走らせたのである。













*玄武洞公園
[PR]

by humming-bds | 2012-11-17 00:12 | 旅行