タグ:レシピ ( 61 ) タグの人気記事

我が家の食卓~ナスのステーキ

最近よく通っているお気にいりのお店があります043.gif

そこで出されているお料理をアレンジし我が家の定番メニューに
加えてみました。






<ナスのステーキ~玉ねぎソース>

e0199344_15203027.jpg



作り方は

①ナスを縦半分に切り、火が通りやすいように切り込みを
 入れておく。
②フライパンに多めのサラダ油をいれ、両面をじっくりと焼く。

③玉ねぎ(1/4)をすりおろし、しょうゆ・みりんを同量(大さじ2)いれ
 火にかけ軽く煮詰める。
 *この時にんにく・生姜(チューブで可)を少しだけ加えると
  より美味しくなりますよ034.gif

④②の玉ねぎソースをかけ、半分に切ったミニトマトをのせ
 薬味(ねぎ・カイワレなど)をちらしてできあがり。




野菜しか使っていませんが立派な一品になります。

作り方も簡単なので野菜不足の方や時間のないときに
役立つメニューです。




また、この玉ねぎソースはお肉にもとても合いますから
他のお料理にもぜひお使いくださいね043.gif
[PR]

by humming-bds | 2011-04-03 15:43 | 料理

我が家の食卓~グレープフルーツゼリー

先日近所のスーパーでお買い物をしていたら
山のように積み上げられたグレープフルーツが売っていました001.gif





以前からうちの家族は(酸っぱいからか)あまり食べることは
ありませんでした。

ある時、たくさんいただいてどうしようかと思ったとき作ったのが
このゼリーで・・・それ以来、ゼリーがお気に入りのようで
よく作るようになりました039.gif



e0199344_145561.jpg


作り方(2人分)は

①粉ゼラチン10gを25ccの水でふやかしておく。

②グレープフルーツ(1~2個)の果汁を搾る。(150cc程度)
 *皮を器に使う場合は余分な皮はきれいにはがしておく。
③鍋に75ccの水とグラニュー糖35gをいれ、火にかけ溶かし
 ①をよく溶かす。
④②の果汁とコアントロー(小さじ2)を加え一度こしておく。

⑤粗熱がとれたら器にいれ冷蔵庫で冷やし固める。
 できあがり。


とても甘酸っぱくてさわやかなゼリーになります043.gif




やわらかめに仕上がりますが冷蔵庫で冷やせば固まりますので
ぜひ皮を器に作ってみてくださいね。



この分量は大きさにもよりますがグレープフルーツを半分に切った
皮1個分にはなります。

また、器にするとき薄皮はスプーンなどで剥ぐようにすると
簡単にとれますのでやぶらないようにご注意くださいね034.gif




お試しあれ016.gif
[PR]

by humming-bds | 2011-03-31 14:57 | 料理

我が家の食卓~さつまいものクリームポタージュ

以前に<ごぼうのクリームポタージュ>をご紹介したことが
ありましたが・・・





今回はさらに簡単な<さつまいものクリームポタージュ>を
ご紹介しましょう043.gif



まずはこちら

e0199344_21363251.jpg



作り方は

①さつまいも(大きめ1本)を皮ごとぶつ切りし、レンジで蒸す。

②蒸しあがったら皮をむいておく。

③②とブイヨン1カップをミキサーにかける。

④③を火にかけ牛乳150ml・生クリーム30mlを加える。
 
⑤塩・こしょうで味を調える。できあがり。



さらに濃厚にしたい方は牛乳を少しひかえて生クリームを
追加してくださいね034.gif




お好みで粗挽きこしょうをふるとピリッとアクセントになり
美味しくなりますよ006.gif
[PR]

by humming-bds | 2011-03-26 00:05 | 料理

我が家の食卓~苺ミルクムース

3月のテーブルコーディネートレッスンのデザートで登場した
苺ミルクムースのご紹介です001.gif





こちらは以前友人のパン教室で教わったもので大変簡単で
美味しかったので盛り付けをアレンジして作ってみました。


こちらです。
e0199344_1654059.jpg



作り方は

①苺1P(200g)をつぶしておく。

②牛乳80gとコンデンスミルク80gをあたためてよく溶かす。
 *火にかける場合、焦げやすいので注意する

③あらかじめふやかしておいたゼラチン(ゼラチン5g・水25g)を
 ②にいれ溶かす。
 *ふやかしたものを湯煎で先に溶かしておいてもよい
④レモン汁(小さじ1/2)、コアントロー(大さじ1)を加える。

⑤6分立てした生クリーム100gを加える。

⑥器にいれ、冷やし固める。できあがり。




苺のつぶつぶ感がたまらなく美味しいです。



とても簡単ですのでデザートに喜ばれると思います006.gif
[PR]

by humming-bds | 2011-03-25 01:48 | 料理

我が家の食卓~ローストベジタブル

夕食のメニューであと一品どうしようかな・・・
なんて考えたりして困ったことはありませんか039.gif




我が家ではメニューに困ったときや野菜がたくさん食べたいなと
思ったときによく作るメニューがあります。

作り方も簡単で一度にたくさん作れるので人が大勢のときでも
対応できます。



<ローストベジタブル>です001.gif

e0199344_21404497.jpg



作り方は

①パプリカ、なす、エリンギ、ブロッコリー、アスパラなど
 食べやすい大きさに切る。

②ブロッコリーやアスパラなどはサッと茹でておく。

③ボウルにオリーブ油、おろしにんにく、塩・こしょう、少量の
 バルサミコ酢、バジル(ローズマリーでもよい)をあわせ混ぜる。

④③に切った野菜をすべていれよく混ぜる。
 (30分~おいておく)

⑤天板に④をひろげ、220°で15分程度焼く。
 できあがり。


焼くとこんな感じです034.gife0199344_2151401.jpg




野菜はこれといって決まりはないので基本お好きな野菜で
よいと思います。

色鮮やかなパプリカ(甘みが増し美味しい!)
ナス(他の野菜からにじみ出る旨みをすってこれまた美味)
ブロッコリー、アスパラなどがお薦めです!





味もよくたくさん食べられます。




ぜひ作ってみてくださいね016.gif
[PR]

by humming-bds | 2011-03-07 22:08 | 料理

我が家の食卓~ハマグリのマヨネーズグラタン

3月はひなまつりから始まり、やがて卒業シーズンを迎え
暖かくなるとお花見へと何かと人の集まることが多くなる季節に
なってまいりました001.gif





そこで今回はおもてなしやお花見弁当などの一品に
おすすめの<ハマグリのマヨネーズグラタン>
ご紹介しましょう。


まずはコチラ

e0199344_8483764.jpg



作り方は

①まず基本のマヨネーズソースをつくる。
 卵黄1個、ワインビネガー小さじ1、フレンチマスタード小さじ1を
 ボウルにいれまぜあわせ、オリーブ油(120cc位~)を少しづついれ
 泡だて器でよく混ぜる。
 *クリームのようになるまで

②ハマグリを鍋に並べ白ワインを入れ、蓋をして火にかけ
 口が開いたら取り出し、片方の殻をはずしておく。

③①のソースに生クリームを大さじ1強加え、塩・こしょうして
 混ぜる。

④ハマグリの上にソースをのせ、トースター等で焦げ目が
 つくまで焼く。

⑤上からパセリをふってできあがり!



マヨネーズソースは多少酸っぱい感じが残る状態で
大丈夫です034.gif
焼くことで酸味がとびますからちょうどよい味に仕上がります。



残ったソースはそのまま使うより具材をかえて(ホタテ、えび、
アスパラなど野菜でもOK)同じようにつかってくださいね。

そのまま生野菜にかけて食べるのには少し酸味がきついと
思いますのでご注意ください。




いろいろな具材でお試しくださいませ006.gif
[PR]

by humming-bds | 2011-03-05 09:18 | 料理

我が家の食卓~めばるのアックアパッツァ

今回は、大きなめばるが手にはいったので・・・





久しぶりに<めばるのアックアパッツァ>をつくることに
しました043.gif


出来上がりはコチラ
e0199344_13555053.jpg



作り方は

①魚は切り込みを入れ、塩・こしょうをふる。

②フライパンにオリーブ油をいれ、両面に焼き色がつくまで
 焼く。
③あさり、黒オリーブ、ドライトマトを加える。

④魚がひたひたつかる程度の水をいれ、湧いてきたら、アンチョビ・
 ケイパーを加え混ぜあわせる。
⑤オリーブ油を少しかけ、煮る。
 *この際、煮汁をすくっては魚にかけ均等に火を入れる。
⑥煮汁がある程度煮詰まり、あさりの口が開くの目安に
 味を調整する。
 *濃ければ水を足す。薄ければ、塩をふる。
⑦最後にオリーブ油を回しかけ、パセリをふって
 できあがり。


いつも大雑把に作ってしまう料理なのですが・・・・。

それでも上記の材料を使えばよい味がだせます。




ドライトマトは乾燥でもオイル漬けのでもOKです!



アンチョビ・ケイパーは入れすぎると塩辛くなるので
途中、味をみながら加減してくださいね034.gif




時間もかからず、フライパンひとつでできるし
失敗もほとんどないので



おもてなし料理にもよいかと思います016.gif
[PR]

by humming-bds | 2011-03-02 15:13 | 料理

我が家の食卓~鶏肉の悪魔風(ガーリックレモンソース添え)

今月のテーブルコーディネート教室でメニューになっている
<鶏肉の悪魔風~ガーリックレモンソース添え>
生徒さんに好評でしたのでご紹介しておきましょう001.gif





出来上がりはコチラ!

e0199344_22304692.jpg




作り方は

①鶏もも肉を2枚に切り分ける。
 *肉はできるだけ厚さを均一にしておくとむらなく焼きあがります。

②肉に塩・こしょう・オリーブ油をまぶす。

③ソースを作る。
 赤唐辛子4本を細かく切り(種はぬく)、にんにくうす切り(1片)、イタリアンパセリ
 みじん切り(ドライでも可)、オリーブ油50ml、レモン汁(1/2個分)、塩 適量を
 ボウルにいれよく混ぜておく。

④オーブンに下段に天板、上段にオーブン用の網をセットし
 210~230°に余熱し、②を網の上にのせ15~17分焼く。

⑤焼きあがったらお皿に盛りつけ、上からソースをかける。
 出来上がり043.gif






で、何が<悪魔風>かと申しますと・・・実のところ

私にもよくわかりませんが002.gif




ただ参考にしましたレシピは焼き網を使い
まず両面を焼いてからオーブンへ・・・でしたので

初めはその通りにしましたが
煙がすごくておまけにガスの警報機までピーピー鳴り出す始末042.gif
(鶏の油に引火しましたし・・・慌てましたよ!!)


さすがにこれでは皆さんにはお薦めできないので

焼き網は使わず初めからオーブンを使うやり方に
変えてみました。



この方法のほうが安全にかつ手間いらずですので
それぞれのご家庭でも対応できるかと思います。


味は間違いないです!




よろしかったらお試しくださいね006.gif
[PR]

by humming-bds | 2011-02-26 00:17 | 料理

我が家の食卓~ごぼうのクリームポタージュ

我が家ではポタージュスープをよくつくります001.gif





というのも同じような手順でメイン食材を変えるだけで
いろいろなポタージュスープに変身してくれるからです。


その都度余っている食材などを使えばあらためて買い物に
行かなくても済みますし立派な一品になりますから016.gif



そんな中から今回は<ごぼうのクリームポタージュ>
ご紹介しましょう。



e0199344_2237287.jpg



作り方<4人分>は

①ごぼう(2本)はよく洗い薄切りにする。
 *皮ごと使います。

②玉ねぎ(1/4個)、じゃがいも(1/4個)は薄切りにする。

③鍋にバターいれ、ごぼうと玉ねぎをよく炒める。

④じゃがいも、ブイヨン(1カップ)いれしばらく煮込む。

⑤④をミキサーにかける。

⑥牛乳(350ml~)、生クリーム(40ml~)加え塩・こしょうで
 味を調える。

⑦最後にザルなどで一度こしておく。できあがり。
 *ごぼうなどの繊維の多い食材はこして仕上げることで
  なめらかになります。




皮をむかないことでよりごぼうの風味が増します。

よりコクを出したい場合は牛乳・生クリームの量で
調整してくださいね034.gif




お試しあれ053.gif
[PR]

by humming-bds | 2011-01-26 23:02 | 料理

我が家の食卓~白身魚のヴァプール(パプリカソース添え)

今月のテーブルコーディネート教室のメイン料理でもある
<白身魚のヴァプール~パプリカソース添え>を
ご紹介しましょう043.gif





ヴァプールとはいわゆる<蒸し料理>のことです。




出来上がりはこちらです!

e0199344_2351471.jpg




作り方はまずソースを作りましょう034.gif

①パプリカ1/2個を黒くなるまで焼き、皮をむき
 細かく切る。

②オリーブ油と玉ねぎ(小1/4個)みじん切りを炒め
 ①を加える。

③白ワインを25ccいれ煮立たせブイヨン60cc加える。
 しばらく煮詰めて生クリーム25cc加え、さらに
 煮詰める。
④塩・こしょうで味を調えミキサーにかける。

⑤少量のオリーブ油を加え再び温める。
 ソースの出来上がり(2~3人分)

⑥魚は塩・こしょうして5~7分蒸す。

⑦お皿にソースをしき⑥をのせれば出来上がり。


写真の付け合わせはグリーンアスパラを茹でたものに
マヨネーズソースをかけプチトマトのみじん切りを
のせたものです。





ソースだけあらかじめ作っておけばとても簡単で
お手軽なメニューなんですよ。




おもてなしにいかがですか053.gif
[PR]

by humming-bds | 2011-01-21 00:15 | 料理